toggle
2018-02-20

皮まで食べられる!スイカのドライフルーツの魅力


スイカは甘くて水分が多い人気の果物です。夏に海でスイカ割りをする人は多く、日本人に馴染みのある果物なのですが、皮を食べることはできないため、どうしても捨てなければいけません。しかしながら、乾燥させたスイカのドライフルーツであれば皮まで食べることができますので、スイカを隅々まで堪能することが可能です。

スイカを食べることで得られる効果

ドライフルーツとして販売されているスイカですが、スイカは食べることでたくさんの栄養素を摂り入れることができるため食べるメリットがある食べ物です。スイカにはシトルリンと呼ばれている疲労回復効果がある成分が含まれています。メロンやキュウリなどにも入っているシトルリンですが、スイカに含まれる量は100gあたり180mgも入っているため、キュウリやメロンを食べて摂取するよりも効率的です。

また、体のむくみで悩む人が摂取すべきカリウムも多いスイカは魅力があります。カリウムはむくみの予防や改善に効果があり、スイカには100gあたり120mg含まれています。様々な症状の緩和に効果があるスイカを摂取しましょう。

夏バテに効果があるスイカ

夏になると夏バテで悩む人が増加します。夏バテになってしまうといつものように動くことが難しくなります。そのため、夏バテにならないよう、果糖やカリウムなどを摂取する必要があります。スイカのドライフルーツを食べることで夏バテ予防に効果がある成分を摂り入れることができますので、夏バテに苦しめられたくないのであれば、スイカのドライフルーツを食べることが大切です。

カロリーが低いスイカは魅力的!

ドライフルーツは、スイカやイチゴ、マンゴーなどの果物を乾燥させて作られる食品です。中でもスイカは100gあたり37kcalしかない果物として注目されています。他の果物に比べてカロリーが低いスイカは、ある程度食べてもカロリーオーバーになることがありませんので、気軽に食べることができるでしょう。

ただ、スイカのドライフルーツを食べる時は注意が必要です。ドライフルーツにする際、果物は水分を取り除くため元の大きさに比べて小さくなっています。それゆえ、ついつい食べ過ぎてしまう危険性があります。さらに、ドライフルーツの中には砂糖でコーティングして販売していることがあるので元の果物よりもカロリーが多くなってしまう可能性があります。

元々のカロリーが少ないスイカであっても、ドライフルーツにする際砂糖をまぶしてしまうと1つあたりのカロリーが増えてしまいます。カロリーを計算して食べる人にとっては、食べられる量が減ってしまいますので、多めにスイカのドライフルーツを食べたい人は、砂糖が入っていない無添加の商品を選びましょう。

スイカのドライフルーツを食べよう!

スイカのドライフルーツは、生のように皮を破棄する必要がありませんので、スイカに含まれている栄養素をしっかり摂取することが可能です。スイカは食べることで疲労回復効果を期待できたり夏バテを予防できたりするため、食べるメリットのある食品です。元々のカロリーが低いスイカのドライフルーツは砂糖が入っていない商品を選ぶことでカロリーオーバーの心配をすることがありません。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー