toggle
2018-11-15

簡単レシピ!オーブンでドライフルーツを作る方法


簡単レシピ!オーブンでドライフルーツを作る方法

市販のドライフルーツを食べた時に予想以上に甘かったり少し嫌な味がしたりすることはないでしょうか。市販のドライフルーツは保存性を高めたり見た目を良くするために、お砂糖がたっぷり使われていたり食用油でコーティングされていたり保存料などの添加物が入っていたりします。

ドライフルーツに入っている添加物

ドライフルーツに入っている添加物は保存料や漂白剤、酸化防止剤などで、フルーツの色を保ったりする効果があります。代表的なものが亜硫酸塩で、ワインなどにも入っていることがあり危険性は低いといわれてはいますが亜硫酸塩に対してアレルギーを持つ方もいて湿や喘息のアレルギー症状を引き起こす場合があるので注意が必要です。最近では無添加のドライフルーツも増えてきましたが比較的安価なものをみると、亜硫酸塩やひどいものだと着色料が入っているものもあったりします。では、無添加のドライフルーツを手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか。

無添加のドライフルーツ

最近では販売しているところも増えましたが、賞味期限が短かったりするのでまだまだ店売りでは取り扱いしているところは少ないです。ネット販売なら手に入りやすいですが、送料の問題もあったるするので手軽にとはいえません。ぜひ、おすすめしたいのが手作りでドライフルーツを作る方法です。

手作りドライフルーツ

実は意外と簡単にドライフルーツは作ることができます。一回作ってしまえば繰り返しなので季節のフルーツでどんどん作ってフルーツの特徴を覚えることで失敗しなくなります。

オーブンで作るメリットとデメリット

手作りで作るには、天日干し、電子レンジなど色々ありますがより本格的につくるのであればオーブンで作ることをおすすめします。オーブンで作るメリットは高温が保てるうえにタイマー機能があるので下準備さえしておけばあとはオーブンがやってくれお手軽です。またほこりや花粉などがつくおそれもないので衛生的です。デメリットとしてはやはり長時間オーブンを使うためコストはかかってしまうという事です。

ドライフルーツをオーブンで作る方法

まずは、フルーツをカット

お好みのフルーツを用意します。レモンやオレンジなどワックスがついていたり皮の表目に薬剤がついている場合は下準備としてお湯の中で2~3分ゴロゴロ転がしてその後乾いた布でよくふくか、塩をまぶして表面をこすってワックスや薬剤を落としておいて下さい。

お好みのフルーツを4~5ミリ程度の厚さにカットします。皮つきでも皮なしでも、お好みで大丈夫ですが、皮に栄養があるフルーツも多いので皮ごと食べられそうなら皮ごとをおすすめします。また、リンゴなど変色しやすいフルーツはカット後塩水に軽くつけておくか、レモン汁をまぶしておくと変色を防げます。

天板に並べて焼きます

スライスしたフルーツをクッキングシートひいた天板に並べていきます。予熱なしの100℃で1時間焼き上げます。1時間たったら裏返して30分焼き上げます。水分が残っていないかを確認してできあがり、まだ残っている場合は時間を追加してください。

オーブンで作るのにおすすめのフルーツ

糖度があまりに高いものは焦げやすいので注意が必要です。リンゴやイチゴ、キウィは比較的きれいに作れます。また、金柑やオレンジ、ゆず、レモンなどの柑橘系も作りやすいです。

手作りドライフルーツの作り方は色々ありますが、総合的に考えるとオーブンで作るのはとてもおすすめです。ぜひ、一度オーブンでドライフルーツを作ってみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー