toggle
2018-11-15

簡単レシピ!天日干しでドライフルーツを作る方法


ドライフルーツを健康のために食べている方も多いと思います。今や大手のスーパーや輸入食材店などで色々な種類のドライフルーツを手に入れることができますが、市販のもので気になるのは添加物やお砂糖の量です。

市販のドライフルーツのデメリット

市販のドライフルーツは見た目もきれいでおいしく食べることができ日持ちもするということを優先しているので砂糖がたっぷり入っていたり、保存料などの添加物が添加されていたりします。健康のために食べているのにカロリーが高すぎたり添加物によるアレルギーを発症したりする恐れがあります。

手作りドライフルーツのメリット

その点、手作りでドライフルーツを作ると原料になるフルーツも安全なものを自分で選ぶことができますし、作り方も自分で決めることができるので砂糖や保存料などを無添加で作ることができます。また、好きなフルーツをお好みの乾き方で作ることができるので自分好みのドライフルーツを楽しむことができます。

天日干しのメリットデメリット

メリットはなんといっても簡単にできます。並べておいてあとは自然の力に任せるだけでできるので技術はあまり必要ではありません。また、自然の力を利用するのでざるやネットさえあればコストはほとんどかかりません。デメリットは電子レンジやオーブンよりも時間がかかります。また、夜露などにあたってしまうとカビが生えってしまったり失敗する可能性があります。虫などもよってくるので注意が必要です。

天日干しでドライフルーツをつくる方法

フルーツの下準備

お好みのフルーツを用意し、下準備としてオイルやワックス薬剤などがついている恐れのあるレモンやオレンジなどはお湯の中で2~3分転がして表面をきれいにしておくか、表面に塩をまぶしてこすりワックスや薬剤を落としておきます。

フルーツはお好みで4~5ミリ程度の厚さにカットし、りんごなど変色しやすいものは塩水やレモンなどをまぶしておいて下さい。皮つきでも皮なしでも、お好みで大丈夫ですが、皮に栄養があるフルーツも多いので皮ごと食べられそうなら皮ごとをおすすめします。

ざるやネットに並べます

カットしたフルーツをざるやネットに並べていきます。キッチンペーパーなどで水気をしっかりとり重ならないように並べて下さい。並べ終わったら風通しの良いところに干します。天気が良い日だけ干して、雨や曇りの日などは室内に入れておいてください。表面の水分が乾いたらひっくり返してまた干します。これを何回も繰り返し乾燥させていきます。

天日干しのコツ

失敗しないコツは、なるべくカットする時に均等な厚さにすることです。天日のみで乾かすので水分の飛びやすいフルーツがおすすめです。梅雨時は避けることが賢明です。

天日干しで作るのにおすすめのフルーツ

比較的水分が飛びやすいフルーツがおすすめです。果肉がしっかりしていりんごやキウィ、パイナップル、皮つきのオレンジ、レモンなどが良いと思います。逆に桃やいちご、メロンなどが果肉が柔らかく水分も多めなので天日干しには向きません。

ざるやネットさえあれば簡単にできる天日干しのドライフルーツですので、フルーツがたくさんあるときに一度試してみてはいかがでしょうか。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー