toggle
2017-01-30

話題のスーパーフルーツ「ジャックフルーツ」のドライフルーツ


健康や美容、それらの流行に敏感な人たちのみならず、一般にも広く浸透し様々なメディアで話題になる「スーパーフルーツ」。

そんなスーパーフルーツの仲間に「ジャックフルーツ」という果物があります。

栄養が豊富で独特の風味にハマる人もいるなど注目されているのですが、特筆すべきはその大きさで、人の頭くらいの大きさにまで成長するため、食べ応えはあるものの持ち運びが少々難しいのです。

しかしドライフルーツならば、かさも小さくて持ち運びも可能ですから、手軽に生活へ取り入れることが出来ます。

ここでは、そのジャックフルーツをドライフルーツとして食べる場合に期待される効果や、気をつけたいことなどをご紹介していきます。

スーパーフルーツ「ジャックフルーツ」について

ジャックフルーツはインドやバングラデシュが原産の常緑高木で、主に西アジアや東南アジアで多く栽培され、日本でも亜熱帯気候の沖縄で栽培されています。別名「パラミツ」とも呼ばれ、ドリアンに似たトゲトゲの果実が木の幹に直接生ります。

このジャックフルーツの実は非常に大きく、実の長さが60cm前後、大きいもので90cm近くになり、重さも30kgを超えていて非常に食べ応えがあります。名前の由来として成人男性(=Jack)の頭よりも大きいことからジャックフルーツと呼ばれるようになった、また、ポルトガル語の「Jaca」からJackになったなど、諸説あります。

ややクセのある甘みとネットリした弾力のある食感が特徴で、ビタミンや食物繊維を多く含み、抗酸化作用や腸内環境の改善に役立つので健康面、美容面での効果が期待され、スーパーフルーツと呼ばれています。

ドライフルーツで手軽に取り入れられる

ジャックフルーツは栄養満点のスーパーフルーツですが、とにかく果実が大きいので女性にとって取り扱いが難しい果物です。

それに重量30kgともなると、なかなか食べきることができません。東南アジアの国では、スーパーや露店などでカットしたジャックフルーツが売られていますが、日本ではまだ取り扱いが少ないため、手に入りにくいです。

そんなジャックフルーツでも、ドライフルーツに加工したものなら通販などで簡単に手に入れることができ、かさも小さくなるので必要な分だけを食べることが可能です。

ドライフルーツにしたジャックフルーツの栄養分は100gあたり333kcal、たんぱく質2.38g、炭水化物80g、水分15g、食物繊維4.76gとなっていて、ビタミンAやビタミンC、水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含んでいます。

ジャックフルーツをフレッシュで食べた場合は100gあたり94kcalなので、ドライフルーツにするとカロリーが増えますが、ドライフルーツの一日に必要な摂取量は約80kcal分ですから、一日に食べられるのは24~5gとなります。

通販などでも、ジャックフルーツのドライフルーツが一袋24g入りとなっている商品が販売されています。

食べるときに気をつけたいこと

ドライフルーツでもフレッシュでも、ジャックフルーツを食べるときには気を付けなければならないことがあります。

ジャックフルーツは食物繊維を多く含み、適量食べることで胃腸の働きを促進してくれる効果が期待できますが、あまり多く食べ過ぎるとかえって胃腸の負担が大きくなり、逆効果となってしまいます。

また、果実中の水分があまり多くないため、沢山食べ過ぎると胃の水分がジャックフルーツに取られてしまいます。胃が水分不足に陥ると腹痛が起こり、ひどいときは一時間以上も寝込むことになったり、病院へ行くことになります。

そのため、ジャックフルーツを食べるときはお水などの飲み物を準備して一緒にいただくか、食後のデザートにするなど、十分に水分を補給した状態であることが望ましいです。

ジャックフルーツのドライフルーツで手軽に抗酸化&腸内改善

ジャックフルーツはインドやバングラデシュが原産の全長60cm、重量30kgと非常に大きな果物で、豊富なビタミンと食物繊維を含むスーパーフルーツとして注目されています。

食べ応えはありますが皮がトゲトゲしていることと、かなりの重量があるため女性は取り扱いが難しいこと、日本では沖縄でしか栽培されていないなどの理由から、ドライフルーツで取り入れることがおすすめです。

ドライフルーツのジャックフルーツは高カロリーになりますが、ビタミンA、ビタミンC、ペクチンを多く含み、抗酸化作用や腸内環境改善に効果が期待されます。かさが小さく通販などで簡単に手に入り、一日に必要な量である24g入りの商品が販売されているためとても便利です。

また、食べ方には注意が必要で、食べ過ぎると腹痛で寝込む場合もあるため食べ過ぎないことと、必ず水分補給をしながら食べることが大切です。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ドライフルーツの記事カテゴリー