toggle
2018-10-25

食べるときは注意が必要?ゴジベリーのドライフルーツ


最近テレビなどでよく取り上げられるゴジベリーですがご存知でしょうか。近年スーパーフードが人気を集めいろいろな種類の食材が紹介されています。その中でも、比較的取り入れやすいのがドライフルーツになっている食材で、ゴジベリーもその中の一つです。それではゴジベリーとはどんなドライフルーツでどんな効果があるのかご紹介したいと思います。

ゴジベリーってどんな果物?

楊貴妃にも愛されたというゴジベリー、実はご存知の方も多いドライフルーツなのです。杏仁豆腐の上にのっている赤い実、といえば思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。また、薬膳鍋などに入っていることもあります。気づいた方もいらっしゃると思いますが、ゴジベリーとはクコの実のことなのです。中国や東南アジアが原産国とされていて基本的には自生しているナス科クコ属の植物の実で、日本にも平安時代には伝わっていたといわれています。中国では3000年以上も前から薬として用いられ、三大美人の一人でもある楊貴妃も日常的に食べていたとされています。味はというとあまりピンとこないと思うのですが、ゴジベリー自体に目立った味はありません。地味な味といた印象ですがレーズンのような食感にほんのり甘い味と香りという感じでしょうか。しかし、このゴジベリー、実は栄養価がすごいんです。

ゴジベリーに含まれる栄養素と効果

ゴジベリーに含まれる栄養素はかなり多く、ビタミンA、C、EやビタミンB1、B2、B6などのビタミン群から、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、セレンなど、ベタインやポリフェノール、必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸や必須脂肪酸、β―カロチン、ゼアキサンチン、ルテイン、リコピンやルチン、タンニンなどなど、様々な栄養素が含まれています。

女性に注目されている理由の一つにビタミンCやポリフェノールによる高い抗酸化作用があり、アンチエンジングや美肌のキープだけでなくシミの原因となるチロシナーゼという物質を抑制する働きがあります。紫外線を浴びても肌の回復力を助けてくれるすばらしい効果が期待できます。また、ききなれない栄養素ですが必須アミノ酸のひとつであるベタインが死亡の排出を促し脂肪の蓄積を防ぐ効果があるため、ダイエット効果はもちろんのこと血糖値やコレステロール値の急激な上昇を抑える効果もあり生活習慣病にも効果があるといわれています。その他にも目の疲労回復やホルモンバランスを整える効果など様々な嬉しい効果があるゴジベリーですが食べる際には注意していただきたい点がいくつかあります。

ゴジベリーは危険?食べる際の注意点

ゴジベリーはナス科の植物ですので身体を冷やす作用があるといわれています。ナス科の植物にはアルカロイドという有害物質を含んでいます。トマトもナス科の植物ですのでトマトなどでアレルギーがある方は注意してください。また、食べ過ぎるとお腹を下す恐れがあるので注意が必要です。一日3ℊ(20~30粒)くらいが適量だといわれているので、ほかのドライフルーツとまぜたりお料理に使うなどして食べ過ぎないようにすることが大切です。また、ゴジベリーに含まれる必須アミノ酸の一種のベタインという成分は月経の促進や人工中絶薬の作用をする成分が含まれているため妊婦さんや授乳中の方にはあまりおすすめできません。

メリットもデメリットも知ったうえで、すごい効果のゴジベリーを食べてみてはいかがでしょうか。毎日少量ですごい効果を実感できるかもしれません。

ドライフルーツ  ドライフルーツ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ドライフルーツの記事カテゴリー